2014.12.19

年末。

今年もやってきた、年末。

やっぱり、年末年始は何かしらあるもので、結局バタバタするのだ。

しかし、今年はこれまでの自分と違う。

何が違うって、全体の中での自分の立ち位置。

明確に言えないけど、なんか、立ち位置が変わっている。

なんていうかなー、真ん中じゃない。

というと誤解されるのかもしれないけど、真ん中がいい!というわけではなくて。

フォローにまわっているというか、そういう立場にいる、というか。

もともと、周りを見てきて、この仕事のメインは30歳前後なんだな、

とは思っていたけど、そろそろ自分も30半ばに差し掛かって

あーこういうことかあ~と感じている。

自分がその頃、「もうフォローにまわってくれよ」と

正直思っていた先輩たちを思い出すと、

もう前に出ていく気にはなれないんだけど

でも、いまの立場は、やっぱり、なんていうかなーさみしい。

うん、なんか、さみしいんだよね。

仕方がないんだけど、年を取るってそういうことなのだろうし。

けど、上にあがるんじゃなくて、同じ立場でフォローにまわるってのは、

複雑なものなのだな。

つい、口出したくなっちゃうし。

口も手も出したくなっちゃうし。

極力出さないように気を付けているけれど。

むずかしいわ。

女って、むずかしいわ。

やっぱり、現場の最前線にいるって、すごく楽しかった。

楽しかったけど、わたしはわたしの今の立場での楽しみ方を

見つけないといかんな。

それがまたひとつ、成長となって、深みが出るのかもしれない。

脱皮する時期ってことなのかな。

いろいろ、あきらめるんじゃなくて、卒業するってことなのか。

今年は、そういう意味でいろいろあったな。

今年が始まったころ、わたしはまだ真ん中だったはず。

今年が終わる今とは、絶対ちがっていた。

もしかしたら、ここが、わたしのターニングポイントなのかもな。

愚痴を言いながらも、忙しいのが好きなわたしには、

この環境、慣れるのにちょっと時間がかかるかもな。

 

「放てば手に満てり」

 

最近、お坊さんに教えてもらった言葉。

『本当に欲しいものこそ、一度手を放してごらん

 そうすれば、もっと豊かで、本当の真実の宝が、

 両手にあふれるほどやってくるから』

 

いまのわたしに、とても響く言葉でした。

2014.10.15

喉元過ぎれば。

熱さを忘れる、とは良く言ったもの。

忙しい期間を過ぎ、おだやかな日々が戻ってきた。

新しいチームのADちゃんたちは、とてもよく仕事ができるし

前よりも、ゆるい番組(ゴールデンタイムとかじゃない)になったのもあり、

ロケや収録も、ピリピリしていなくて、とても楽しい。

 

9月末は本当に忙しい時期で、最後のほうは、

2日間徹夜が続いて、本当に具合悪くなった。

年齢を感じる。

もう、徹夜なんてしている体力がないのだ。

プレビュー中に寝てしまって、首がカクカクなってて

上司に、「みんな疲れてるなあ・・・」と呟かれる始末。笑

それも聞こえてないので、後から周りに聞くってゆう。

いつもそうなんだけど、忙しくてしんどくて辛い時は

「もう辞めたい」「もう限界だ」と思うのに、

その時期が過ぎると、何もなかったかのように忘れる。

そして、その忙しいしんどい時期の中にいても、自分は自分の中で

常に、「いつかは落ち着くんだよなあ、確実に。」と思いながら

過ごすから、なーんか冷めている。

 

というわけで、超絶イケメンPを見ることができるのが

わたしのオアシス!とか言っていたけど、

いまは、おだやかな日々になったので、単純に、

ただただ超絶イケメンPがいるってゆう幸せ。

2014.09.24

忙しい。

最近とんでもなく忙しい、という愚痴。

改編期だから仕方ない、来月になれば楽になる、と

毎日思いながらやっているけど

楽になるのだろうか。

なんでこんなに忙しいのだろうか。

結局、夏休みも取れなかった。

(去年も夏休み取れなかったのに)

(今年こそは、とパスポートの更新もしたのに)

8月までは暇だったんだけどなあ~

8月末から特番が3つ入ってきて、これは何の運気なんだ。

忙しい。

手帳が、書くスペースがないくらい埋まっている。

毎日、帰宅が午前様。

つかれたぞ。

 

 

ただひとつ、今のわたしのオアシスは

新番組で一緒に組むプロデューサーが、超絶イケメンなことです。

見ているだけで、毎日しあわせ。

 

 

とりあえず、これを書いておきたかった↑

2014.08.13

更新。

引っ越して2年が経った。

家賃の更新の時期がやってきた。

2年後はどうなってるかな~とか言いながら住み始めたが

あっという間に経ってしまった。

なにも変わってないじゃないか。

とても住みやすいし、気に入ってるので更新するけど、

高いなー更新料。

 

仕事でも、またひとつ9月で大きな改編があるようで。

このままここにいるか・・・うーん。

また、似た分野でちょっと違うやりたいことが出てきて

そっちに挑戦してみる?と考えてみたり。

しかし、もういい歳だしなーとか思ってみたり。

「歳は関係ない」と人には言うくせに自分は気にする。

矛盾。

流れに身を任せよう。

いま、そんな感じ。

 

この夏で、札幌に住んだ年月と東京に住んだ年月が同じ。

来年からは、東京在住の年月が上回るのか~

全然そんな感じがしないのは、なんでだろ。

2014.03.07

誕生日でした。

Img_34422

日があけて昨日、33歳に なりました。

そして、ついに、ココログ10周年。

あっと言う間の10年でした。

いい女になりたいです」と書いて10年。

当時、思い描いてた理想の「いい女」にはなってないなあ~。

ざんねーん。笑

 

10年かあー。

いろんなことがあるんですね、10年って。

ここから10年後は、いったいどうしているのだろうか。

あのとき、まったく想像してなかった今があるように、

きっと今は想像のつかない未来に、10年後のわたしがいるんだろうな!

たのしみだ。

33歳の誕生日は、0時を過ぎた瞬間からサプライズの連続で、

当日は、会社でもADくんたちがケーキを用意してくれていたり

同僚たちが、ずっと欲しかったものを覚えててくれてプレゼントしてくれたり

メールでもLINEでもFacebookでも、いろんな人がお祝いの言葉をくれて

本当に、本当に、自分は幸せものだって思った。

幸せすぎるな。

わたし、いい人じゃないし。

そんなに好かれるタイプでもないし。

愚痴も言うし、なんなら多いし、文句も言うし、悪態つくし、

嫌いな人もいるし、仕事もあんまり真面目ではないし、

人のためっていうより自分のためにやってることが多いし、

あげたらキリがないけど・・・

こんな自分を祝ってくれるひとがたくさんいてくれること、

ほんとうに感謝しています。

 

「素敵なBIRTHDAYでした。」

10年前と同じことを言えることが、本当に幸せだ。

また、これからも、よろしくおねがいします。わたしを。

 

 

・・・ハッピー大竹セレブレーションまで、あと6年。

2013.10.23

なんでもかんでも。

なんでもかんでもうまくいかないんだ、って話。

だから人生は面白いんだって思おう。

これでうまくいっちゃったらちょっとな~って

上から物見てたところもなくなかったからな。

そんな気持ちじゃダメだよな。

ちゃんとやろう。今やるべきこと、ちゃんとやろ。

あの時うまくいかなくて良かったな~って思う日が

絶対くるはずだから。

うん。

どんどん強くなってくなーわたし。

それも、なんだかな。

2013.08.13

半沢直樹。

半沢直樹、おもしろい。

最近の視聴率低迷ぶりに頭をかかえていた番組Pから

ちょっと良かった日の朝に「よかった」とメールがきて

「よかったですが、あと0.5欲しかったですね」と送ったら

返ってきたメール。

Photo

かわいい。笑

「お返し」になっちゃうと、子どものケンカみたい。

2013.06.21

人事異動。

今年の局の人事、衝撃的なことがあって

なんだか心に穴がポッカリ。

わたしが異動するわけじゃないんですが・・・

時代が変わるなぁ、と。

心ぽっかり、ってのが最初の気持ちで、

次に思ったのは、なんか解放された気分っていう。

不思議な感じ。

この人がいる限りは、なかなかここからは外れられないな、と

どこかで自分自身が思っていて、なにかと踏ん切りがつかない理由が

そこだったんだ、とわかった。

あの人がいなくなるなら、わたしもいーか、そろそろ、的な。

周囲の人もそう言い出している。

その本人は、コミュニケーション下手で、口数も少なく

だからこそ一つ一つの発言を大事にされているというのもあるけど

周囲から慕われているという存在ではなかった。

だけど、その人の異動を聞いたとき、みんな力が抜けたっていうか

ぽーっとしちゃって、そのあと今後どうするんだろう、ってパニックになっていた。

唯一無二の存在ってそうゆうこと、か。

他人(部下)のことも、そこに目はなくとも見ている、という人だったんだよな。

今後どうなるんだろーーー。

そろそろ本格的に、自分の行く末も考えなくっちゃ。

北海道に帰ってテレビをやるっていうのも選択肢のひとつ。

なんだけど、何かが踏み止まらせるんだよねーーー。

なんなんだろ。

しかし、今回の人事は、わたしの行く末も左右する気がしている。

そんな32歳初夏。

もう上京して7年目になりました。

2013.05.02

KYOTO。

こないだ、京都に行ってきました(仕事)。

日帰りだし、一瞬しか観光できなかったけど、楽しかったー。

Img_1885 京都タワーーー。

仕事先と八坂神社が近かったので、八坂神社だけ行った。

一緒に行ったディレクター(既婚)に、「わたし縁結びしたいから、

縁結びで有名の清水寺の近くの神社(なんだっけ)に行く」って言ったんだけど

縁結びの神様いるって!と言われて、八坂神社へ。

Img_2531 Img_1519

必死すぎて笑われながら、ディレクターに勧められて絵馬も書くことに。

「幸せな結婚ができますように」と書こうとしています。

Img_1444 いったい誰と・・・。

美容の神様もいらっしゃいまして、この水を顔につけると美肌になるという。

Img_1191 これも必死。必死で水を顔につける。

30分程度の寄り道だったけど、すーごく楽しかった。

ディレクターは写真をとるのがうまくて、ケータイ渡しておいたら

いろんな写真とってくれてて、ディレクターが彼氏っていいなと今更思った。

いや、でもね、生活不規則だし、ほとんど帰宅しないし、

たいてい浮気してるし。(いや、わかんないですけど。偏見かな。笑)

はー。毎年のことだけど、ゴールデンウィークはない~。

というか、この仕事はじめてから、祝日が存在しないのだけど。

この生活、もう6年経つんですよ。よくやってる~!って思う。

また出張行きたいな~。

2013.03.22

わたし、ばっかり。

わたしは、「わたしばっかり」って思うのやめよ。

なんか最近、いろいろ重なって、仕事もパンパンで

さらにあれもこれもと言われると、「なんでわたしばっかり」って

思ってしまうことが多くて、いらいらしたり、泣きそうになったりしていたけど。

ちょっと落ち着いて考えてみれば、

実はたいしたことないな、とか、意外とだいじょうぶだって

なんだかんだできちゃうな、と思うことがほとんど。

被害者意識ばかり膨らんじゃっているのだ。

みんないろいろあって、みんな忙しくて、みんな生きているわけ。

もう「わたしばっかり」はやめよ。

(と、思ったところでそんなにオトナじゃないし、またすぐ思うんだろな)笑

«32歳です。